排気量360ccの軽自動車は中古車でも貴重です

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 排気量360ccの軽自動車は中古車でも貴重です
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
排気量360ccの軽自動車は中古車でも貴重です中古軽自動車ファン

軽自動車は1949年に規格が定められました。
エンジンは2種類に区分されており、4スト排気量150cc以下、2スト100cc以下、
車の長さ2.8m以下、幅1m以下、高さ2m以下というものでした。
当然この規定では車の設計は不可能でした。

1951年には4スト排気量300cc以下、2スト200cc以下、車の長さ3m以下、
幅1.3m以下、高さ2m以下に変更されました。さらに1951年には4スト排気量360cc以下、
2スト240cc以下、車の長さ3m以下、幅1.3m以下、高さ2m以下。

1954年にはエンジン区分がなくなり、排気量360cc、車の長さ3m以下、
幅1.3m以下、高さ2m以下となりました。

1955年運輸省令が発令され日本で初めて軽自動車が誕生したのです。
排気量360ccの軽自動車を好み、中古車を探す人も多くいます。

60年代~70年代の軽自動車は、中古車でも現在の交通事情に十分対応できるのです。
中古車で探してみてはいかがでしょう。
昔 軽自動車

Comments are closed.